• 日本オフィス

    0120-4192-09

  • NYオフィス

    1-646-723-4533

学校紹介SCHOOL INFORMATION

LIM College
リム カレッジ

大学・カレッジ

大学・カレッジ

学校の特徴

  • 授業料
    ーーー
  • 日本人比率
    ーーーー
  • 学校規模
    ーーーー
  • プログラムの豊富さ
    ーーーー

学校のポイント

  • ファッションとビジネスのプロ

  • 着実なキャリア準備カリキュラム

  • 特別開講授業

  • 学校情報
  • 1939 年に創立。ファッションビジネスに特化した専門のカレッジ。LIM は Laboratory Institute of Merchandising の略で、2009年にはLIM Collegeに改称されました。ファッション業界の中で即戦力となる人材を育てることをミッションにしているカレッジ。受講できる専攻は全部で4つに絞っており、2年制および4年制の学位コースを提供しています。ファッションビジネスにおける実践的なコースを提供していて、将来のキャリア準備カリキュラムが非常に充実している大学です。
    キャンパスは高級ブランドが立ち並ぶNYのファッションストリートの中心地であるマンハッタンの5番街近くと、その周辺付近に計3つの建物があります。学生寮も学校からのアクセスが良いところにあるので非常に便利です。

プログラムリスト

  • Associate Degree Programs (短大)
  • Bachelor’s Degree Programs (4年制大学)
  • Master’s Programs (大学院)
  • Concentration (集中的に学習する分野)

訪問者コメント

Continuing and Professional Studiesのような本科生外向けのカリキュラムがないLIM Collegeでは、その代わりとしてアメリカ現地高校生や大学生向けにSaturday Fashion LabとSummer Fashion Labという特別プログラムを開講しています。こちらのプログラムは英語力に関する応募資格がないので、留学生も気軽に授業を受けることができます。将来本科生として入学検討する際のイメージを膨らませることに役立てたり、あるいは週末の時間を利用して少しでもファッションビジネスのことを学んでみたいという方にはオススメの授業です。

学校スタッフコメント

本科生は就学中必ずインターンシップを3つ実施しなければならないため、現場で実際に学びながら、就職へのコネクション作りに非常に有効的です。教授がファッションビジネス業界の第一線で活躍している方々が多く、インターン先や就職先の情報を得やすいことも強みです。授業の中でもゲストスピーカーを招いての課外イベントが多くあり、とにかくコネクション作りをする機会が多いです。そのため就学中のインターン先が就職先につながる学生も多く、卒業後6ヵ月の就職率は90%。ジョブオファーを受けている学生だけでも55%。ファッションビジネスをしっかり勉強し、インターンシップを通して実際に業界で学んだことを活かしたい、業界で活躍している人たちとのコネクション作りしていきたいという方には最適の学校です。

学校データ

公立/私立 私立
入学条件・必要書類 アプリケーションフォーム 、入学費$40 (返金不可) 、エッセイ(300-500字で人生において達成したことや自分自身の成長につながった体験などについて) 、高校または大学の英文成績証明書 、推薦状2通(学校や職場から) 、英語力証明書(TOEFL PBT: 550, TOEFLIBT: 80, IELTS: 6.5, PTE 58) 、アクティビティーシート (必須ではない) 、面接 (大学院生) 、履歴書(大学院生) 、ポートフォリオ(大学院生のVisual Merchandising専攻希望者のみ)
入学日 8月第4週、1月第4週、5月第4週 (Summer session A,B,C)
交通アクセス・立地 マンハッタンの5番街近くと、その周辺付近に計3つの建物があります。

留学のご相談はこちら

日本オフィス

0120-4192-09

月~金10:00~20:00 土日祝10:00~19:00

NYオフィス

1-646-723-4533

月~金10:00~18:00(NY時間)

Copyright © DEOW Resource Management all rights reserved.

お問い合わせ・説明会予約