• 日本オフィス

    0120-4192-09

  • NYオフィス

    1-646-723-4533

ええ!?もしかして?ジャパイングリッシュ?

英語の学習方法

2018.11.27

  • ツイートする
  • LINEで送る

楽しいアメリカ留学。クラスメイトや、現地のアメリカ人と楽しく会話が出来るチャンスもたくさん。
会話をしているうちに、こんな経験ありませんか? ”あれ、何で英語なのに通じないんだろう。。わたしの発音のせい??
いえ、ちょっと待った!それって実は和製英語(ジャパイングリッシュといいます)かも?
当たり前のように英語だと思っていたけど外国では通用しない?そんな単語を15個紹介します。


1.ノートパソコン

○ laptop(ラップトップ) × computer(コンピューター)
え? パソコンって “personal computer” でしょ?確かにそうなのですが、 “I brought my computer.” なんて言うと、ちょっとびっくりされちゃうかもしれません。“computer”と言うと、机に置くような、大きいパソコンを運んできたというイメージになってしまいます。


2.シャーペン

○ mechanical pencil(メカニカル・ペンシル) × sharp pencil(シャープ・ペンシル)
さすがにそのまま「シャーペン」という人はいないことを願いますが……“sharp pencil” だと、「尖った鉛筆」という意味になります。
(ちなみに芯は “lead” と言います;)


3.ワンピース

○ dress(ドレス) × one piece(ワンピース)
海外に来たら、せっかくだからお洒落もしたいですよね。可愛いワンピースを買いたい!でもそれ、実は和製英語なんです。
英語では “dress” で探しましょう。“one piece” はビキニではない、つながっている水着などには使われます。


4.ココア

○ hot chocolate(ホット・チョコレート) △ cocoa(コゥコゥ)
“cocoa”という単語もあるのですが、お店で飲み物として頼むときのココアは “hot chocolate” ということがほとんどです。


5.コンセント

○ outlet(アウトレット) × concent(コンセント)
携帯の充電がなくなった!コンセントどこかな?そんなときは、 “Where is the outlet?”(コンセントどこですか?)と聞いてみましょう。


6.フロント

 ○reception(レセプション) ×front(フロント)
”front desk”という言い方も稀にあるようですが、病院やホテル、会社などの受付は”reception”と呼ばれます。


7.マイナスイオン

○negative ion(ネガティブイオン) ×minus ion(マイナスイオン)
「ネガティブ」って聞くと良くなさそうなイメージがするのでなんだか不思議ですよね!そういえば、マイナスイオンやプラズマの家電はこちらでみたことないですね。ネガティブイオンドライヤーって。


8.フライドポテト

○french fries(フレンチフライ) ×fried potatoes(フライドポテト)
フライドポテトは英語のように聞こえますが実は違います。ちなみにイギリス英語ではchips(チップス)です。イギリスの代表料理フッシュ&チップスが有名ですね!アメリカ人はフレンチフライにケチャップをたっぷりつけて食べるのがお好き。


9.ショートケーキ

 ○strawberry sponge cake(ストロベリースポンジケーキ) ×shortcake(ショートケーキ)
shortcakeと呼ばれるものもありますが、ビスケットでクリームを挟んだサクサクしたお菓子のことを言います。なのでもしカフェやケーキ屋さんで注文したい時は、
”Can I have a strawberry sponge cake?”と言ってみてください。発音は‘ケイク’です!

10.バーゲン


○sale(セール) ×bargain(バーゲン)
bargainはバーゲン品、商品の事を指すのでバーゲン自体を表したい時はsaleを使いましょう。


11.モーニングコール

○wake-up call(ウェイクアップコール)   ×morning call(モーニングコール)
現代、頼む人も減っているかとは思いますが、ホテルなどでモーニングコールをお願いしたい時は、”Could you give me a wake-up call for tomorrow?”
もしくは “I’d like a wake-up call for tomorrow?”「明日の朝、モーニングコールをお願いしたいのですが。」と伝えれば大丈夫です!


12.タレント

○celebrity(セレブリティ) ×talent(タレント)
日本語でもよく「有名人、裕福な人」という意味で「セレブ」という言葉は使われますよね!”talent”は「才能、才能がある」という意味です。


13.マンション

○apartment(アパートメント)   ×manshion(マンション)
英語でもmanshionという単語はありますが、大豪邸という意味になります。賃貸物件であればapartment、分譲物件であればcondoを使いましょう。


14.シール

○sticker(ステッカー)   ×seal(シール)
sealは「封をする/判を押す」という意味で使われます。英語圏のメッセージアプリを使うと、スタンプを使った時”○○ sent you a sticker.”と表示されます。


15.ビーチサンダル

○flip flop(フリップフロップ)  ×beach sandals(ビーチサンダル)
beachもsandalsも英語ですが、通じそうで意外と通じません。flip(跳ねる)+flop(落ちる)でビーチで使うようなサンダルという意味を表します。


まとめ
いかがでしたか?「ええ!これも和製英語だったんだ!」って結構ありませんか?ほかには、【16.ガソリンスタンド:ガスステーション】【17.ワンルームマンション:ステュージオ】食べ物だと【18.パン:ブレッド】【19:プリン:クリームブリュレ】【20:バイキング:ビュッフェ】なんかも通じません。日本には、色々な国からの横文字が入ってきているので、混じっていつの間にか使ってしまっていたのですね。こうなったら、アメリカ人に逆に教えてあげましょう!

留学のご相談はこちら

日本オフィス

0120-4192-09

月~金10:00~20:00 土日祝10:00~19:00

NYオフィス

1-646-723-4533

月~金10:00~18:00(NY時間)

Copyright © DEOW Resource Management all rights reserved.

無料お問い合わせ・説明会予約