• 0120-4192-09

アメリカ・学生ビザ面接の流れと攻略ポイント Visa interview dos and don'ts

アメリカ留学を決意し、学校のお申込み・お支払いも済ませI20も手に入れました。あとはアメリカ学生ビザを手に入れ、渡米するのみ!ビザ面接はここ近年厳しくなっているといわれ、また面接官によって質問の内容が違うので、これが必ず正解!とは言い切れないのですが、基本の注意点を抑えてアメリカ学生ビザを手に入れて、夢のアメリカ留学を叶えましょう!

面接予約までのプロセス

STEP1 学校のお申込みを完了させる

まずは通う学校のお申込みから。必要書類をそろえ、学費のお支払いを行いましょう。そうすれば、学校からI-20と入学許可書が送られてきます。

STEP2 SEVIS費用の支払いを行う

学校から送られてきたI-20に記載のある、SEVIS番号(学生一人一人に付与される番号)をもとにSEVIS費用$200の支払いを、https://fmjfee.com/i901fee/index.htmlからオンラインより行います。お支払い後に表示される確認画面(I-901 SEVIS費支払い証明)は面接でお持ちいただくので、印刷しておきます。

STEP3 DS-160ビザ申請書のオンライン入力

DS-160入力ウェブサイトhttps://ceac.state.gov/genniv/からオンライン登録を行います。少し長いですが、根気よく慎重に行いましょう。20分が経つとセッションが終了してしまうので、ちょこちょこセーブしながら進めることをおススメいたします。また、一度提出した内容は変更ができませんので、提出前に必ず内容をよく確認しましょう。提出後の確認画面も面接でお持ちいただくので、印刷しておきます。

STEP4 ビザ料金の支払い、面接日の予約

面接日の予約をするにあたって、まず申請サイトhttp://www.ustraveldocs.com/jp_jp/jp-niv-typefandm.aspよりマイアカウントを作成します。ここで入力する住所がビザ面接後の書類郵送先住所になります。順に質問に答えていき、DS-160の確認番号(AAから始まる10桁)を入力し、ビザ料金$160をクレジットカードでお支払いします。お支払い後に発行される番号でようやく面接予約が取れるようになり、ここまで進まないとご希望の面接会場の空き状況はわからないようになっています。面接を予約すれば表示される確認画面は、面接でお持ちいただくので印刷します。嘘は禁物
DS160は面接予約をする際に必ず入力しなければならない個人情報や職歴、犯罪歴などに関するオンライン申請書になります。ビザ面接はこのDS160の情報をもとに面接が行われますので、DS160の見栄えをよくするために「ちょっとくらい嘘をついても…。」と思う方もいるかもしれませんが、DS160の入力においては嘘は禁物です! 嘘をついていたのが一か所でも見つかると、その他の箇所も疑われ、ビザを却下されてしまう原因になりかねないので、正直に入力をしましょう。もしも、DS160提出後に、入力事項に間違いや未入力を見つけた場合は面接日2日前であれば、追加料金なしで別のDS-160と差し替え登録が可能なのでご安心を。(DS160・ビザ面接Q & AのQ3番目参照)

面接時の必要書類

パスポート
  • I20
  • 印刷したI-901 SEVIS費支払い証明(レシート) ※STEP2参照
  • 印刷したDS160 確認ページ ※STEP3参照
  • 現在有効なパスポート
  • 過去10年間に発行された古いパスポート
  • 証明写真1枚(5cm×5cm, 6ヵ月以内に撮影した背景白のカラー写真)/
  • 英文の残高証明書(学校お申し込みの際に使用したもの。ご自身名義でない場合はスポンサーレターが必要です)
  • 印刷した面接予約確認ページ ※STEP4参照(これらをA4のクリアファイルに入れて提出します。)
  • その他サポート資料(なくてもよいですが、あればプラスになるであろう書類)
    例)エッセイ、戸籍抄本、雇用先からの雇用証明、帰国後の復職/復学証明など、留学後の帰国を証明する証拠となるような書類
※必要書類は英文で原本を準備

領事館持ち込み可能なもの

  • ビザ申請関連書類が入った透明なA4クリアフォルダー
  • 携帯電話1台(セキュリティーゲートで預ける必要あり)
  • 手持ち可能なバック1点(25cm×25cm以下)
  • 傘 (荷物検査前にセキュリティーゲートの外の傘立てに置く)

領事館持ち込み不可能なもの

  • 電子機器類(ノートパソコン、iPad、USBメモリ、スマートウォッチ、カメラ、ポータブル音楽プレイヤーなど)
  • 持ち込みサイズを超えるバック全般(リュックサック、バックパック、ブリーフケース、皮製布製バックなど)
  • 食品全般
  • 葉巻、煙草、ライター、マッチ
  • はさみやナイフ、爪やすりなどの先の尖った物

ビザ面接時の注意と心構え

①アメリカで勉強したい意思をしっかりアピールしよう!
学生ビザを申請する上では、どんなことがあっても渡米目的は「留学」です。I20が発行されている学校できちんとフルタイムでお勉強して、そこで身に付けた英語力や技術を日本に持ち帰ることが第一目的です。日本では身に付けることのできない英語力やアメリカでしか学べないことを学びに渡米したいことをしっかりアピールできれば、ビザ面接は怖いものなしです。
②プログラム終了後、必ず日本に戻ってくることをアピールしましょう!
①でも触れましたが、渡米目的は「留学」なので、日本で社会貢献をするのが原則です。面接官は「この生徒はきちんとプログラムが終了したら、日本に戻ってくるのか」「あわよくばアメリカに住み着こうとしているのではないか」というのを見極めようとしています。そういうこともあって、提出する申請書類
  • サポート書類などで「日本との繋がり」を示すことが大事です。
  • ③絶対に働かない!
    学生ビザを取得した人はで2年制・4年制大学・大学院を卒業すればOptional Practical Training (通称OPT)でアメリカで働くことはできますが、ここではとにかく働きたいという気持ちを見せてはいけません。そのために、提出書類の残高証明書で働かなくても十分な資金があるということを証明する必要があります。残高は高額であればあれほどよいとされるのは、このためです。
    ④笑顔で! あまり派手な服装は避けましょう。
    面接官は1~2分でその人を判断しなくてはなりません。笑顔が好印象な人には第一印象で良い雰囲気を印象つけられます。逆に笑顔がない、おどおどしている、早口などですと、何か怪しいのでは、という空気を与えてしまうことも。そして、あまり派手な格好をしてしまうと、「この人はちゃんとアメリカでお勉強をしないのでは?」と思われてしまい、却下される原因になりかねません。はきはきした口調で堂々と受け答えを行っていただき、ビジネスカジュアル程度の髪型やメイク等、清潔感のある落ち着いた格好で向かいましょう。

    DS160・ビザ面接Q & A

    ビザ面接の予約はいつからできるの?
    ビザ面接の予約は3ヵ月前からできます。夏休みの期間などは面接日が埋まって予約が取れない状況なども考えられますので、計画は早めに立てましょう。また、DS160ビザ申請書自体も非常に多くの情報を入力しなければならないため、入力にも時間がかかります。
    20分保存をしないと時間切れとなり、一からやり直さなければならないこともあるので、こまめに保存しましょう。DS160を入力してから30日は有効なので、日にちを分けて少しずつ進めてもいいと思います。
    I20をまだ受け取っていませんが、面接予約できますか?
    I20がなくてもSEVISの番号と学校コードさえあれば、面接の予約をすることはできます。原則、面接時にはI20を提出しなければいけませんが、プログラム開始日まで期間が1ヵ月を切ってもI20が届いていない場合はI20なしで面接を受けてもよいです。I20届き次第郵送する流れとなります。
    DS160を提出してから、入力事項に間違いや未入力があった場合にはどうすればいいの?
    ビザ面接日の2営業日前であれば、新しいDS-160を提出することができます。プロファイルにログインし、「Update Profile」でDS160確認番号を変更することによって訂正できます。面接の際は必ず最新のDS160の確認書を印刷して最新のものを提出することをお忘れなく。
    面接日の変更は何回までできますか?
    面接日の予約変更は3回まで無料ですが、その後は再度ビザ申請料金の$160をお支払いする必要があります。
    提出する残高証明書の金額の目安は?
    残高証明書の目安は最低でも1年分の学費と生活費をカバーできる金額です。発行から3ヶ月以内、英文のものを用意しましょう。金額が多ければ、「働く意思がない」「働く必要がない」というアピールに繋がります。また、残高証明書の名義は面接を受けるご本人の名義のものが望ましいですが、スポンサーの残高証明書を提出する場合はスポンサーレターを添えるのをお忘れなく。
    ビザ面接に合格し面接終了後、書類を全て持って行かれましたが大丈夫?
    はい。大丈夫です。ビザ面接に合格すれば、提出た書類全てビザと一緒に一週間程度、郵送で返却されます。ビザを却下されてしまった場合には、その場で全ての書類を返却され却下理由が記載された紙を渡されます。
    214(b)って何?
    214(b)とは、米国移民国籍法214条b項で、アメリカ学生ビザの却下理由の多くがこちらです。「全ての外国人は、米国領事に、また入国審査時に、日移民としての資格があることを納得させるだけの十分な証明がなされるまで、移民の意志があると仮定される…」要するに、「この人はアメリカに住み着く恐れがある」という理由でビザを却下されるケースです。重ね重ねになりますが、面接官は「この生徒はアメリカできちんと勉強して日本に帰るかどうか」を見極めているのです。
    ビザ面接後からどれくらいの期間でビザが届きますか?
    ビザ面接後、約1週間ほどでビザを含む他の提出した書類が郵送で届きます。混み合う時期や、書類に不備があれば長引く可能性もありますので、ビザ面接を受けてから約1~3週間くらいはパスポートがお手元に届くまでにかかります。この間はパスポートが無いので、日本国外には出ることができません。
    学生ビザを手に入れました! いつからアメリカ入国していいの?
    学生ビザを手に入れたらいつでもアメリカに入国していいという訳ではないのでご注意ください。学校のプログラム開始日(I20に記載されている開始日)の30日以前に入国することはできません。「一ヶ月前」ではなく「30日前」なのでご注意ください!
    ビザの有効期限がありますが、5年の間はアメリカに滞在できたり、行き来できますか?
    いいえ。学生ビザは最後にアメリカを出国してから5ヵ月経過してしまうと失効されてしまい、学生ビザを再申請する必要があります。ビザ再申請を避けたい方は5ヵ月以内にアメリカに再入国されることを推奨します。また、再入国される際には必ずI20を持って入国しないと有効な学生ビザがあっても入国することはできないのでご注意ください。
    アメリカ在学中にビザの期限が切れてしまいました。違法滞在になりますか?
    基本は有効な学生ビザと有効なI20のセットで合法的に滞在できるという機能を満たしますが、学生ビザの有効期限が切れていても有効なI20があればアメリカに合法で滞在できます。ただし、アメリカを出国し再度入国する際には有効なビザとI20がないと入国できないので、アメリカ再入国するのであれば、学生ビザの再申請をする必要があります。
    逆に、有効期限の切れていないビザを持っていて、有効でないI20(SEVISがアクティブでない)を持ってアメリカにいると違法滞在になります。

    ビザを却下されてしまったとき

    スーパ―ヴァイザリー・レビューをリクエスト

    キャンセルスタンプ 面接官からアメリカ学生ビザの却下の結果を言い渡されてしまった場合はその場ですぐに “I would like to request a supervisory review” (再審査をお願いできますでしょうか。)とお伝えしましょう。Supervisory Reviewとは、日々数多くのビザ申請の許可・却下の判断を短時間で判断し続ける必要がある面接官は、稀に誤った判断を下してしまう可能性もあるため、公平性のために設定された公式な制度です。Supervisory reviewは面接官の監督者にあたりますので、面接をしてくださる方も変わります。Supervisory Reviewで結果を覆すこともできるので大いに活用しましょう。

    別日、別場所で再面接にトライ

    Supervisory Reviewで結果を覆すことが出来なかった場合は、別の日に再度面接に挑戦することもできます。その場合は再度DS160の入力と$160のお支払いをする必要があります。また、却下された理由によっては1回目の面接時に提出した書類と同じでは結果を変えられない可能性が高いため、却下理由をもとに追加・サポート資料を提出してパワーアップした状態で2回目に挑戦しましょう。ビザ面接の却下を受けてからビザ面接の挑戦は何回までというのは特に決まっていませんが、追加できるサポート資料などが尽きてしまったら、挽回は難しいとみなした方がよいかもしれません。東京から大阪と、場所を変えて再申請され通った前例もいくつかあるようです。

    注意

    ビザ却下後にESTAは申請できなくなるの?という質問ですが、大使館のHPにはこのようにあります:

    → 米国移民国籍法221条g項および214条b項にもとづき、ビザを拒否されたことがある場合でも、ESTAによる旅行を禁止される訳ではありません。

    結果から言いますと学生ビザを却下されてしまっても、ESTAの申請は可能です。ただし、ESTAを申請される際の質問の一つである、ESTAの「過去にビザ申請を却下されたことがあるか」という質問に「YES」と答える必要があり、そうすると自動的にに認可が保留されます。(最大3日程度)その後、相当な理由がない限り大部分の方は認可されますが、ビザ却下の理由次第ではESTAの認可もおりない場合があります。

    たとえESTAがおりても入国審査の際、大使館や領事館でのビザ不許可について審査官に質問され、別室や入国ができないこともありえます。

    対策としては、滞在終了後、米国を離れる意志があることを証明するもの(帰りの飛行機チケット等)を携帯されるか、学生ビザ却下から少し期間を開けていただくか、(3か月くらいでしょうか)などが考えられます。学生ビザ却下後、ESTAで入国できるかどうかは 審査官の判断一つで、入れるかどうかというのは、誰にもわからないのです。
    そのために一回目で取得いただけるよう、しっかりとした学校選びや入念なご準備が大切になるのです!

    留学のご相談はこちら

    Copyright © DEOW Resource Management all rights reserved.

    お問い合わせ・説明会予約