ニューヨーク留学・転校手続きからホームステイ、寮手配、インターンシップまでNY現地オフィスがあなたの留学をサポート

■NYオフィス(NY時間:10:00~18:00 月~金)
TEL:+1-646-723-4533
■日本オフィス(東京・大阪・名古屋)(日本時間:10:00~20:00 年中無休)
フリーダイヤル:0120-4192-09

  • ニューヨーク留学センターのyoutube
  • ニューヨーク留学センターフェイスブック
  • ニューヨーク
  • ロサンゼルス
  • 東京
  • 名古屋
  • 大阪

世界の流行の発信地・NYでファッションビジネスを学ぶ!

Ryugakutaikendan3
名 前 Inoguchi Reinaさん
学 校 Berkeley College
期 間 2年間

体験談一覧に戻る



留学しようと思った理由は何ですか?
以前から留学しようと思っていましたが、半年や1年の留学ではなく、学士号か準学士号が欲しいと考えていました。今でも日本の大学に籍を置いたままなのですが、留学に十分な英語能力がついたと自分で判断して、今回留学を決意しました。また、ファッションビジネスを勉強するのに、ニューヨークは最適の場所だと思い、ニューヨークを選びました。
今回の留学全体の予算を教えてください。
1000万円 大きい額だな!と感じるかもしれませんが、2年間の大学の学費や家賃、生活費込です。ニューヨークは物価が高いので、もしかしたらもう少しかかるかもしれません。
一週間あたりの生活費と内訳を教えてください。
私は、専攻がFashion Merchandising and Management というのもあって、できるだけ美容品や衣類、自分の将来に関係あるイベントや人付き合いにお金が回せるように、食費を削っています。食費は一日平均$10~$13、一週間では$80~$100くらいに収めるようにしています。レストランで外食すると、チップを含めて一回にだいたい$18~$30少なくともかかってしまうので、外食はほとんどしません。ニューヨークでは、洗濯物はコインランドリーを利用するという人が多いのではないかと思いますが、洗濯物は1週間か2週間に一回まとめて持っていくので、一回約$10~$15くらいです。
ニューヨーク留学センターをご利用したきっかけと感想は?
渡航前は、大学に必要な自己推薦レターの添削や、大学の奨学金の申し込み、ビザの申請などの必要なもの全て、手厚くサポートしていただきました。こちらに渡航してからも、長期留学するにあたって必要な、銀行口座の開設、携帯のSIM契約、日本食スーパーの紹介など、丁寧にサポートしていただきました。また、ニューヨークにあるオフィスの場所が、ミッドタウンというマンハッタンの真ん中にあり、偶然私の大学の1ブロック半先にあるので困ったときは安心です。
滞在方法と感想を教えてください。
ニューヨークに来て最初の8週間は、家探しの期間としてホームステイの手配をお願いして、ホームステイをしていました。ホストファミリーも、仲が良く、勉強のことや食生活のこと、なんでも相談に乗ってくれるとても優しくて頼れるファミリーでした。今現在は、自分で契約した、シェアフラットに住んでいますが、ニューヨークで部屋を見つけるのはとても大変で、1か月以上かかってやっと今住んでいる部屋に出会うことが出来ました。もしも、ニューヨークで自分で部屋探しをしないといけないという人がいれば、思っている以上に大変だとお伝えしたいです。写真で見るのと、実際に見るのとではかなり違いますし、セキュリティーの心配もありますので、自分でWebサイトなどを使って調べるのが大変だったら、少しお金を払ってでも不動産を使われた方が、家賃のわりに広くて綺麗なお部屋が見つかるかと思います。
実際の留学生活とイメージで違いはありましたか?
イメージと違っていあことは2つあって、まずひとつめは、私の大学は私立大学なので得に、現地出身だというのクラスメイトの中には子育てをしている人や、フルタイムで働きながら通っている人、リタイアされたあと復学している人などなど様々なタイプの人がいます。もちろん、同世代も沢山いますが、土日祝日に友達と出かけたりすることはとても少ないです。私も、よく出かける友達はインターナショナルストゥーデントの友達がほとんどです。

ふたつめは、ニューヨークには世界中から多様な文化圏出身の人が集まっています。私の友達だけに関わらず、自分の宗教や信念を大切にしている人が沢山いるので、そのためにお酒が飲めなかったり、食べれない食べ物があったりという人は沢山います。(もちろん人によりますし、全員ではありません‼!)大学生なので、もっと集まってお酒を飲むことがあるのかなと思っていたのですが、意外にもそういうことがほとんど無いというのは、思っていたイメージと少し違ったかもしれません。
学校の感想を教えてください。
今のところ学校はとても楽しいです。ファッションのクラスは同世代も多く、インターナショナルストゥーデントも多いです、私立大学というのもあって、授業数は少なく、私も含めて多くの人が金曜日には授業を取っていません。そのかわりに、課題の量は膨大です。慣れるまでは、毎日徹夜で勉強していましたし、今でも一日最低3時間~5時間は課題にあてています。そのため、自由な時間はたくさんありますが、いかに自分で自分の時間を管理するかが求められます。日本の大学よりも、課題の提出のことや授業の出席数に関してはかなりシビアです。学期に授業を2回以上休むと、Aを取ることは難しいです。
    
渡航前に英語の勉強をされましたか?また、勉強はしておいて良かったですか?
はい。勉強はしておいて本当に良かったです。日常生活では支障ありませんし、学校でも友達とうまくやっています。私の場合は、英語を学びに留学しているわけではないので、できて当たり前だというなかで揉まれながら日々新しいことを勉強しなくてはいけません。もちろん、今でも英語の技術不足だと感じることは本当によくありますし、友達や教授を頼ることは沢山ありますが、英語力の不足がバリアとなってしまってはせっかくお金をかけて勉強しに来ているのに勿体ないので、渡航前にできるだけたくさん勉強することは自分自身にとって大きな手助けとなりました。
渡航前にこうしておけばよかった、ということはありますか?
私は大学に通っているので、もっとアカデミックな英語の勉強をしておけば良かったと感じることは沢山あります。授業中では、専門用語など聞いたことのないボキャブラリーが沢山出てくるので、日々辞書と仲良くしています。

英語の勉強とは少し外れるかもしれませんが、パソコンの技術は常に求められます。WordやExcelは、レポートや課題の提出に必ず必要ですが、日本でのレポートの提出の仕方とレイアウトなどが違うことがあります。教授は説明してくれますが、それらも全部英語での説明なので、ポイントを失わないように確実にしているととても時間がかかります。もしも大学に留学するというのであれば、最低限のWordやExcelの技術を先に習得されてから渡航される方が良いかもしれません。
今回の留学の感想をお願いします!
まだ留学を初めて2か月ですが、今のところ毎日とても楽しいです。ニューヨークは何でもありますし、日本食や日本製品へのアクセスも容易なので、ホームシックにはなっていないです。私はアートにも関心がありますが、ニューヨークには数えきれないほどの美術館やギャラリーがあるので、住んでいるだけでとても楽しいです。ただひとつ、ニューヨークの物価が高いというのは、生活において少しネックとなることはあります。
これから留学される方に一言
もしも留学するか迷っているなら、ぜひチャレンジしてください!見聞きを広げて日本では学べないこと、沢山学んでほしいです。不安なこともあると思いますが、住めば都!と言いますし、すぐに馴れると思います。きっと人生でとても価値のある期間になると思います。そして何事も準備はとても大切なので、最後まで準備をおこたらず、渡航前には何度もチェックして下さい。

最後に、日本人であるということを誇りに思って留学に行かれて下さいね^^
私はニューヨークに来てから、自分が日本人で良かったと思ったり、日本の良さにも改めて気づくことが出来ました。
充実して楽しい留学になることを願っています。
Ryugakutaikendan1Ryugakutaikendan2Ryugakutaikendan4Ryugakutaikendan5


無料お見積もり 無料お見積もりはこちら
ニューヨーク語学学校
アッパータウン地区
ミッドタウン地区
ダウンタウン地区
その他
留学情報
ビザについて 転校手続き 大学進学 語学学校ランキング
カナダからの留学
滞在方法について
お金について
運転免許
生活全般
体験談 大使館・領事館 携帯電話

サポートサービス

専門留学
NYファッション・アート留学
NYエステ・メイク留学
NY料理留学
NYダンス・演劇・映画制作留学
NYヨガ・ピラティス留学
NY音楽・ボーカル留学
NYビジネス・キャリア・大学留学
NY専門スキル留学
地区情報
地区情報
アレンジ留学
アレンジ入学
留学に役立つ情報が満載留学コラム