ニューヨーク留学・転校手続きからホームステイ、寮手配、インターンシップまでNY現地オフィスがあなたの留学をサポート

■NYオフィス(NY時間:10:00~18:00 月~金)
TEL:+1-646-723-4533
■日本オフィス(東京・大阪・名古屋)(日本時間:10:00~20:00 年中無休)
フリーダイヤル:0120-4192-09

  • ニューヨーク留学センターのyoutube
  • ニューヨーク留学センターフェイスブック
  • ニューヨーク
  • ロサンゼルス
  • 東京
  • 名古屋
  • 大阪

クィーンズ

イーンズ区(Queens)は、ニューヨーク市に置かれた行政上の5つの区の中で、最も大きな行政区である。数多くの移民の居住地となっており、JFK国際空港とラガーディア空港も、この行政区にある。

クイーンズ区は、クイーンズ郡とまったく同じ地域を指しており、クイーンズ郡も、アメリカで最も多様な人々の住む場所であると言える。2005年の調査によれば、居住者の47.6%は移民であり、2010年までには、外国で生まれた人々が多数派を占めるようになると見られている。

5つの区の中では、人口が2番目に多く、郡としての人口も10番目に多い。

クイーンズは、ニューヨークに置かれた最初の12郡の1つであり、1683年にイギリス国王 チャールズ2世の后、キャサリン・オブ・ブラガンザ王妃の名をとって誕生した。クイーンズ区は、5つの区の中でも、比較的、垢抜けない地域であると見なされることが多い。クイーンズ東部地区は、ナッソー郡東部のような風景や雰囲気である。しかしながら、クイーンズ西部/中部地区は、都会的地区が多く、ビジネス街となっている場所もある。クイーン区最西端にある沿岸地区のロング・アイランド・シティには、シティーコープビルが建っており、これはマンハッタン区を除けば、ニューヨーク市で最も高いビルのである。

概要

クイーンズの住人たちは、クイーンズ区民やニューヨーク市民といった形ではなく、居住する地区への帰属意識が強い。そのため郵便には、区や市ではなく、郵便番号、州の名前と共に、地区名が記載される。

区はそれぞれ独自の地区の寄せ集めであり、全ての地区に独自性が存在している。

■ ハーワード地区・ミドル・ビレッジ地区

イタリア系が、ロックウェイ・ビーチ地区にはアイルランド系の住民が多い。

■ 北西部アストリア地区

は、ギリシア国外で最もギリシア系人口の多い場所の1つである。またアストリア地区には、マンハッタン区から多くの若手ビジネスマンが移って来ている。

■マスペス地区

ポーランド系の人々など欧州からの移住が多く、またヒスパニック系の居住者も多い。

■ ロング・アイランド・シティ地区

ポーランド系の人々など欧州からの移住が多く、またヒスパニック系の居住者も多い。

■ ジャクソン・ハイツ地区、エルムハースト地区、コロナ地区

巨大なヒスパニック系やアジア系集住地区となっている。

■ 南部リッチモンド・ヒル地区

インドを除くと、世界最大のシク教徒居住地区である。

■ 中部フォレスト・ヒル地区、キュー・ガーデン地区

イスラエル、イラン、旧ソ連からのユダヤ系移民が、ジャマイカ地区には、アフリカ系アメリカ人やカリブ系移民が、それぞれ多数居住している。

■ 東部/南東部セントオールバンズ地区、カンブリア・ハイツ地区、クイーンズ・ビレッジ地区、スプリングフィールド・ビレッジ地区、ローズデール地区

中流階級のアフリカ系アメリカ人、フィリピン系、ヒスパニック系、カリブ系の住民が住んでいる。

クイーンズには、経済的に恵まれない地区も存在する。例えば、ラッパーの50セントの故郷として知られているサウス・ジャマイカ地区などである。オゾン・パーク地区、ベイサイド地区、マスペス地区、キー・ガーデン地区、ウッドサイド地区などは、多種多様な人種・民族が入り混じった地域を形作っている。このような地区が、アメリカで最も多様な郡を構成しているのである。


無料お見積もり 無料お見積もりはこちら
ニューヨーク語学学校
アッパータウン地区
ミッドタウン地区
ダウンタウン地区
その他
留学情報
ビザについて 転校手続き 大学進学 語学学校ランキング
カナダからの留学
滞在方法について
お金について
運転免許
生活全般
体験談 大使館・領事館 携帯電話

サポートサービス

専門留学
NYファッション・アート留学
NYエステ・メイク留学
NY料理留学
NYダンス・演劇・映画制作留学
NYヨガ・ピラティス留学
NY音楽・ボーカル留学
NYビジネス・キャリア・大学留学
NY専門スキル留学
地区情報
地区情報
アレンジ留学
アレンジ入学
留学に役立つ情報が満載留学コラム