• 日本オフィス

    0120-4192-09

  • NYオフィス

    1-646-723-4533

クィーンズ Queens

Queens

クイーンズ区(Queens)は、ニューヨーク市に置かれた行政上の5つの区の中で、最も大きな行政区である。数多くの移民の居住地となっており、JFK国際空港とラガーディア空港も、この行政区にある。
クイーンズ区は、クイーンズ郡とまったく同じ地域を指しており、クイーンズ郡も、アメリカで最も多様な人々の住む場所であると言える。2005年の調査によれば、居住者の47.6%は移民であり、2010年までには、外国で生まれた人々が多数派を占めるようになると見られている。
5つの区の中では、人口が2番目に多く、郡としての人口も10番目に多い。
クイーンズは、ニューヨークに置かれた最初の12郡の1つであり、1683年にイギリス国王 チャールズ2世の后、キャサリン・オブ・ブラガンザ王妃の名をとって誕生した。クイーンズ区は、5つの区の中でも、比較的、垢抜けない地域であると見なされることが多い。クイーンズ東部地区は、ナッソー郡東部のような風景や雰囲気である。しかしながら、クイーンズ西部/中部地区は、都会的地区が多く、ビジネス街となっている場所もある。クイーン区最西端にある沿岸地区のロング・アイランド・シティには、シティーコープビルが建っており、これはマンハッタン区を除けば、ニューヨーク市で最も高いビルのである。

概要

クイーンズの住人たちは、クイーンズ区民やニューヨーク市民といった形ではなく、居住する地区への帰属意識が強い。そのため郵便には、区や市ではなく、郵便番号、州の名前と共に、地区名が記載される。
区はそれぞれ独自の地区の寄せ集めであり、全ての地区に独自性が存在している。

ハーワード地区・ミドル・ビレッジ地区

イタリア系が、ロックウェイ・ビーチ地区にはアイルランド系の住民が多い。

北西部アストリア地区

は、ギリシア国外で最もギリシア系人口の多い場所の1つである。またアストリア地区には、マンハッタン区から多くの若手ビジネスマンが移って来ている。

マスペス地区

ポーランド系の人々など欧州からの移住が多く、またヒスパニック系の居住者も多い。

ロング・アイランド・シティ地区

ポーランド系の人々など欧州からの移住が多く、またヒスパニック系の居住者も多い。

ジャクソン・ハイツ地区、エルムハースト地区、コロナ地区

巨大なヒスパニック系やアジア系集住地区となっている。

南部リッチモンド・ヒル地区

インドを除くと、世界最大のシク教徒居住地区である。

中部フォレスト・ヒル地区、キュー・ガーデン地区

イスラエル、イラン、旧ソ連からのユダヤ系移民が、ジャマイカ地区には、アフリカ系アメリカ人やカリブ系移民が、それぞれ多数居住している。

東部/南東部セントオールバンズ地区、カンブリア・ハイツ地区、クイーンズ・ビレッジ地区、スプリングフィールド・ビレッジ地区、ローズデール地区

中流階級のアフリカ系アメリカ人、フィリピン系、ヒスパニック系、カリブ系の住民が住んでいる。
クイーンズには、経済的に恵まれない地区も存在する。例えば、ラッパーの50セントの故郷として知られているサウス・ジャマイカ地区などである。オゾン・パーク地区、ベイサイド地区、マスペス地区、キー・ガーデン地区、ウッドサイド地区などは、多種多様な人種・民族が入り混じった地域を形作っている。このような地区が、アメリカで最も多様な郡を構成しているのである。

留学のご相談はこちら

日本オフィス

0120-4192-09

月~金10:00~20:00 土日祝10:00~19:00

NYオフィス

1-646-723-4533

月~金10:00~18:00(NY時間)

Copyright © DEOW Resource Management all rights reserved.

無料お問い合わせ・説明会予約