• 日本オフィス

    0120-4192-09

  • NYオフィス

    1-646-723-4533

チェック【小切手】とは Check

チェックとは

チェックとは”小切手”のことを意味します。日本ではあまり親しみのないチェックですが、アメリカでは家賃や光熱費の支払いなどクレッジット、キャッシュの次に支払手段として利用することがしばしばあります。見た目はただの紙でも紙幣の一種となるので色々と注意する点があります。いつでも対応できるように事前に確認しておきましょう。

チェックの切り方 ~ChaseBank~

はじめに

小切手手帳(Check Card)の取得はチェックアカウントの口座開設時に合わせてもらうことができます。その後は基本的に購入することになりますが、銀行によっては”Saving Account(普通口座)”維持手数料が掛かる代わりに再度無料でもらえる場合があります。
小切手手帳
★1-自分の名前が既に転記されています。
(住所変更時は一線を引き、新住所を記入し直して利用することができます。)
★2-銀行コードのことです。
★3-口座番号のことです。
★4-チェックの紙の番号のことです。

書き方

小切手の書き方
①DATE
日付を記入します。
②PAY TO THE ORDER OF
支払先の会社名もしくは担当者名を記入します。
③金額を数字で記入します。
書き足し防止のため出来るだけ左詰めで、右側の余白には傍線を引くようにしましょう。
④左詰めで金額を英語で記入します
上記同様、書き足し防止のため出来るだけ左詰めで、右側の余白には傍線を引くようにしましょう。
※”00/100″はセントを表します。
⑤サインを記入します
使用する用紙以外に、事前に署名だけ済ませておくのはやめましょう。悪用される危険性があります。
⑥MEMO
記入は必須ではありません。ガス代や電気代を払う際に、請求書等にチェックにアカウント番号を記入する要求がある場合、こちらに記入することがあります。また、銀行により”NOTE”もしくは”FOR”と記載されいることがあり、支払理由を記入する場合もあります。
(例)8月の家賃:Rent for August

間違ってしまった場合

間違いは線を引いて消さないようにしましょう!!
記入を誤ってしまった場合はシュレッダーで細かくして処分するか、大文字で「VOID(無効)」と大きく書いて、新しいチェックに書き直す必要があります。

注意ポイント

鉛筆で書いてはいけません
 鉛筆の場合、誰かに書き換えられてしまう恐れがあるので必ずボールペンで書きましょう。
事前に署名だけしておくのはやめましょう
 署名されているチェックは、金額を書き込めば全て有効になる可能性があり、悪用される危険性があります。
預金残額以上の金額を書かないように気をつけましょう
 チェック支払時にその額が、自分のチェッキング・アカウントに振り込まれているか事前に確認しましょう。
 もしも不足している場合、ペナルティ金を払わなければいけない可能性があります。
金額を書く時に、余分なスペースを作らないようにしましょう
 スペースが空いていると誰かが数字を書き足す恐れがありますので、できるだけ左端から書くようにしましょ
 う。また、最後に傍線を引くようにしましょう。
署名と日付を忘れずに記入しましょう
 署名や日付がなければ、そのチェックは無効になってしまいます。
控えの用紙は必ず保管しておきましょう
 万が一受取った側が紛失した際など、無効申請をする場合にチェックナンバーが必要になります。
 (※無効申請には基本的に手数料が掛かかります。)
郵送する際は中身が透けて見えないようにしましょう
 チェックを封筒に入れて郵送する時は、チェックが透けて見えると盗まれる可能性などがあるので、
 白い紙などで包んで封筒に入れた方が安全です。

チェック換金について

基本同じ銀行間では手数料は掛かりませんが、異なる銀行口座に振込む際には手数料を払う必要があります。小切手の裏の、”ENDOSE HERE”と書かれた場所に、サインをする必要があります。そのままお持ちの口座に振込むことができます。(※このサインをした瞬間に、Pay to the order ofの欄に書かれた人でなくても換金できることになります。)

アメリカの銀行口座をお持ちの方

Chase-Deposit-Slip
専用の用紙(Deposit Slip)が店舗に備え付けられているので、そこに必要事項を記入します。銀行によりますが、日付、名前、入金したい口座番号、そのうち現金化したい金額、サインをして窓口で処理してもらいます。

アメリカの銀行口座をお持ちでない方(※NY留学センター近辺において)

最寄のCiti Bankに、パスポートなどのIDと一緒にお持ちください。手数料なしで現金化してもらうことができます。(窓口担当者へ”Cash out”してほしいとお伝えください。)
高額のチェックの場合、最寄のCiti Bankで現金化してもらえない場合があります。
現金化してもらえない場合は、IDをご持参の上、下記 5th AveにあるCiti Bankへお尋ねください。
★Citi Bank
住所:640 5th Ave New York NY 10111(Bet 51&52 Street)
電話:212-559-7100

留学のご相談はこちら

日本オフィス

0120-4192-09

月~金10:00~20:00 土日祝10:00~19:00

NYオフィス

1-646-723-4533

月~金10:00~18:00(NY時間)

Copyright © DEOW Resource Management all rights reserved.

無料お問い合わせ・説明会予約