• 日本オフィス

    0120-4192-09

  • NYオフィス

    1-646-723-4533

日本の大学からアメリカの大学への編入、1年留学 How to go to a univercsity in USA

日本の大学からアメリカ大学への編入、一年留学

日本の大学に入学後「アメリカの大学に行きたい、編入したい!!」と思う生徒の皆さんも少なくないと 思います。 今回はそういう方々により良い留学をして頂くために、アメリカの大学に入学するにあったってどのような方法があるのか また、どのような手続きが必要かをまとめてみました。

自分の通っている大学の留学制度をしっかりと調べてみよう!!

留学する際に一番重要なこと、それは情報収集です。 我々、留学エージェントもみなさまの情報収集のお手伝いとして、様々な情報提供をさせて頂いています。

しかし、みなさまが通っている大学の留学制度まで提供することはできません。なぜなら、私たちはお客様の大学の留学制度についてはインターネットを通した情報しか得られませんが、 実際にその大学の生徒であるみなさまの方がより多くの情報を集めることができるからです。

各大学には、留学センター、国際交流センターなどの留学情報を取り扱っている部署がありますので 是非ご自身の大学の留学センターに足を運んでみてください。自分にはどのような選択肢があるのかを把握しましょう!!

留学制度の種類

日本の大学に入学後に留学する場合は、大きく分けて2つの留学があります。交換留学私費留学です。ま私達エージェントがサポートしている留学は私費留学に分類されます。


交換留学

各学校が協定を結んでいる大学に約1年間交換留学生として現地で授業を受ける事が出来ます。 そのプログラムに参加する際、いくつかの選考を受けなければなりません。 また、現在通っている大学のGPAも制限があります。


基本的な選考過程

プログラムの参加書類+TOEFLのスコアの提出→小論文の提出(志望動機)→面接→合格
*各大学によって異なりますので、確認してみてください。

私費留学

編入

エージェントを通して自分に合った大学を見つけ、アプライし入学許可が下りると現地の留学生として 授業を受け、現地で卒業できます。その為日本の大学を退学するのが一般的です。


1年間留学

1年だけの留学を考える際、私費留学を二つに分類する事ができます。


認定留学

アメリカで所得した単位を日本の大学に持ち帰れる+留学期間中も日本での大学に在学していたことになります。
→自分の行きたい地域、大学を選んだ上で、交換留学とほとんど同じ条件で留学することができます。


非認定留学

アメリカで所得した単位を日本の大学に持ち帰れない+留学期間は休学扱いになります。
→自分の行きたい地域、大学を選んだ上で留学できますが、日本での卒業が休学期間分延びます。

各大学の協定校(交換留学)以外での認定留学については各学校によって制度が異なります。確認してみてください!!
*協定校以外の認定留学制度を持っていない学校もあります。

私費留学のメリット、デメリット

メリット
  • 選べる学校数が圧倒的に多い。また、自分の行きたい州、都市が自分で決られる

    交換留学では、協定校にしか留学出来ませんが、私費留学ではアメリカ全ての学校から自分に合った大学へ行くことが可能です。

  • 留学する時期を自分で決めることができる

    交換留学は基本的に年に1度しか留学する機会がありませんが、私費留学では各セメスター毎にアプライが可能なので入学時期を調節出来ます。

  • 1年留学した後、アメリカの大学に残るか、日本の大学に復学するか選べる。(編入生徒して入学した場合)

    例えば「編入するかしないかは実際にアメリカの大学に行ってから決めたい!」と考えている方は、日本の大学を1年間の 休学届けを出しておくと、実際に1年アメリカで生活した後アメリカの大学に残るか日本の大学に復学するかを決定する事が出来ます。


デメリット
  • 交換留学と比べてコストがかかる

    アメリカの大学の授業料は日本の大学と比べるとかなり高いです。交換留学は、通っている日本の大学の学費と同じ料金で授業を受けれるのに対し私費留学の場合、学費全てを負担しなければなりません。

  • 卒業が1年遅れる場合がある。(1年留学の場合)

    日本の大学は4年間在学していないと卒業することはできません。非認定留学の場合、留学している期間は休学扱いになります。よって、留学していた1年分卒業が遅れることになります。

入学までの流れ

①学校探し

エージェントでのカウンセリングを通して学校を紹介させて頂いています。

アメリカには約4000校もの学校があります。その中で自分にあった大学を見つけるのは簡単なことではありません。

もちろん、カウンセリングを通して見つけていくということも出来ますが、時間がかかってしまいます。自分である程度学校絞って来ていただくとカウンセリング期間も短く、理想の学校を見つけられます。アプライ時にはTOEFLのスコアが必要になってくるので、学校探しの時間を短縮しTOEFL対策など入学への準備をしましょう。


学校探しに役立つ本
International Student handbook

International Student handbook
この本は、州別に学校名、生徒数、授業料、寮費、TOEFL必要スコアなどが表になって載っています。これを見れば、ある程度学校を絞ることができます。いくつか学校をピックアップしてみましょう。
*アマゾンで購入できます。

その後、ピックアップした学校のHPを見てみましょう!HPでは以下の様なものが確認できます。

  • どのような専攻があるのか
  • 学校のイベント情報
  • キャンパスや寮の写真 など
学校のイメージを掴むために必要な情報が揃っています。

②TOEFLスコアについて

大学にアプライする際TOEFL IBTのスコア提出が必要となってきます。

必要点数は学校によって異なりますが、一般的な4年制大学ではIBT61点から80点のスコアが必要になっています。これらの点数は簡単に取れるものではないので早めの対策が必要です。

③入学手続き

手続き等は、我々エージェントが承ります。提出必要書類は、お客様に用意していただく必要があります。
Ex)成績証明書、在学証明書など


成績証明書について(単位変換)

アメリカの大学に編入する場合、日本の大学で取得した単位をアメリカの大学に移す必要があります。その際は、WES(World Education Service)などの日本の大学で取得した単位をアメリカの大学の単位に変換する機関を利用します。

④入学許可書受け取り

入学手続き後、合格すると入学許可書(I-20)が発行されます。

⑤日本の大学での手続き

ご自身の大学のアドバイザーに、相談してください。アメリカの大学から発行された入学許可書の提出や、各種単位以降に必要な手続きなどを行う必要があります。

⑥ビザ手続き

NY留学センターでは、無料サポートを行っております。ビザを発行する際に、ご自身がアメリカ大使館で手続き、面接を行う必要があります。

アメリカの大学での留学経験は、必ず自分にとって新鮮で刺激的な経験になります。

「アメリカの大学に留学をしたい!!」と少しでも考えている方は是非カウンセリングにお越しください。我々がさらに詳しい情報を提供することにより、お客様の留学プランをより具体的にすることが出来ます!一緒に、留学プランを考えましょう!!

留学のご相談はこちら

日本オフィス

0120-4192-09

月~金10:00~20:00 土日祝10:00~19:00

NYオフィス

1-646-723-4533

月~金10:00~18:00(NY時間)

Copyright © DEOW Resource Management all rights reserved.

無料お問い合わせ・説明会予約