• 0120-4192-09

h2o by KDDI Mobileについて h2o by KDDI Mobile

h2o by KDDI Mobileとは

スマホ

ニューヨーク留学センターオススメのアメリカで使える携帯電話サービスは、【h2o by KDDI Mobile】です。

2007年、KDDIがアメリカにて、日本人向けの携帯電話サービスを開始しました。料金は30ドル(税込)からのプランがあり、国内の電話、テキスト、日本への固定電話には無制限となっており、かなりお勧めのプランとなっております。また、 日本で契約、出国前に端末受け取りも可能なので、 日本への発送もでき、日本で契約してアメリカですぐに使えるのも大きな特徴です。

KDDIがおすすめな理由

  • デボジットが不要

  • ソーシャルセキュリティなしでも契約可能

  • 日本語メールが打てる、読める

  • 日本への国際通話料金がどこよりも安い

  • サポートが日本後対応

  • 出発前に日本から契約可能(NYでも可能)

  • 契約期間なし

  • $30からというアメリカ国内での最安値

料金プラン

プラン名 月額料金(税込) アメリカ国内通話 テキストメール 日本/国際固定電話宛 無料国際電話 無料データ
Month Plan 30 $30 無制限 無制限 無制限 $10相当 4G LTG速度500MBのみ
Month Plan 40 $40 無制限 無制限 無制限 $20相当 無制限
4G LTG速度3GBまで
Month Plan 50 $50 無制限 無制限 無制限 $20相当 無制限
4G LTG速度4GBまで
Month Plan 60 $60 無制限 無制限 無制限 $20相当 無制限
4G LTG速度4.5GBまで

お申込に関して

ミッドタウンにある、J – Plaza (正規代理店)( 49 W 45th Street. New York, NY 10036 Book OFF内  にてお申込みが可能です。
日本語での対応なので、英語に自信のない方でも安心です。また、デポジット(保証金)や契約期間が全くないので、簡単に契約することができます。(※お申し込みの際、一回線ごとに初期設定手数料35ドルがかかります)

営業時間:月~金 午前11:00~午後7:00 (土日・祝祭日は休業)
電話:1-212-532-6786
E-mail: info@j-plaza.jp


アメリカでの携帯電話事情

いままで:高額なデポジットが必要
アメリカの携帯業者と契約を行う場合、ソーシャルセキュリティナンバー (SSN=社会保障番号) の提示を求められます。SSNを持っていない場合には300~500ドル程度の高額なデポジット (保証金) を要求されていました。また、SSNやクレジットヒストリーがない場合は、契約すらさせてもらえない会社もあります。 各電話会社のDepositはT-mobileが$250、Verizonが$400、Sprintが$150です。
これから:デポジットが不要
日本人であれば、パスポートとクレジットカードのご提示だけで、簡単にご契約いただけます。

いままで:アメリカに着かないと契約・受取不可
アメリカの携帯電話を契約するのですからアメリカでないと契約が出来ず、出発前に家族や友人に電話番号を知らせることが出来ませんでした。
これから:日本から出国前に契約可能
日本出国前にご契約いただき、日本のご住所にケータイ端末をお届けすることが可能です。出発前に大切な人に電話番号を知らせておくことも可能です。

いままで:英語でのコミュニケーションによるトラブル
アメリカの通信事業者との契約には、当然ながら英語でのコミュニケーションが必要となります。日本での携帯電話の契約とは、サービスや料金プランなどがまったく異なるため、その契約内容を正しく理解することが難しく、誤契約や誤請求などのトラブルも少なくありません。何かあったときのカスタマーサービスも基本は英語ですが、こういった複雑な事情を英語で話すのは本当に大変です。
これから:24時間日本人カスタマーサポート
24時間いつでも日本語の話せるオペレータが常駐しています。お問い合わせやプラン変更などのお手続き、端末紛失などトラブルにも、素早く対応します。

いままで:国際料金が割高
アメリカの通信事業者の携帯電話を利用して日本への国際通話を行うには、多くの場合、国際プランへの基本料金が必要となり、一般的に通話料金が高額になります
これから:日本への国際電話がどこよりも安い
日本の固定電話への通話が、アメリカでの無料通話時間に含まれているので、日本の家電に無料通話時間を利用してかけれます。
また、無料通話分数を使い切った後でも、日本の固定電話宛の国際通話料金は1分7.9セントと全米最安レベルとなります。
また、日本の携帯にかける際も、無料通話分+20¢(約20円)と日本の携帯どうして話すのとほとんど同じ料金で電話が出来ます。

いままで:英語対応のみ
いままでの携帯はアメリカ専用のものだったためもちろん英語のみしか使えず、日本のメールを確認したりも出来ませんでした。
これから:日本語対応、日本語テキストメールにも対応
日本語対応モデル同士なら、アメリカ国内においても日本語でのテキストメール送受信が可能です。また、日本語Webサイトの閲覧 (注1) もできるため、GmailやhotmailなどのWebメールを利用して、日本語によるメール送受信も可能になります

留学のご相談はこちら

Copyright © DEOW Resource Management all rights reserved.

お問い合わせ・説明会予約