• 日本オフィス

    0120-4192-09

  • NYオフィス

    1-646-723-4533

New York Film Academyについて New York Film Academy

New York Film Academyとは

校内の様子 ニューヨークフィルムアカデミー(New York Film Academy)は、アメリカ最大級の設備と実践重視のプログラムを提供する映画の専門学校です。 世界的に有名な学校で他国にもキャンパスがありますが、特にここニューヨークのNYFAには世界中から映画について学びたい留学生が集まっています。アメリカ国内にはニューヨーク校の他に、ユニバーサルスタジオ内にあるロサンゼルス校そしてサウスビーチ・マイアミ校があります。

ニューヨークフィルムアカデミーでは、映画制作プログラム、スクリーンライタープログラム、映画俳優プログラム、映画プロデューサープログラム、アニメータープログラムなどを提供しています。即戦力を重視するエンターテイメント業界に対応できる人材育成のため、全て実践重視のプログラムです。実地講習(ハンズ・オン)を行って映画の技術を身につけていく独自のカリキュラムに定評があり、各コースとも3本-7本のオリジナル作品を制作する、大変集中的で実践的な内容です。

入学の際は、映画を作った経験は全く必要ありませんが、上記のように実践的で集中的な内容となっているため、映画について真剣に学びたいことは必須条件です。NYFAに入学する時点で、自分が作りたい映画をしっかりとイメージできなければなりません。

NYFAで学ぶには一定の英語力が必要ですが、英語力に自信のない方は、同じ建物内に語学学校The ESL School at NYFAからの進学がおすすめです。こちらは本科に進学予定のない方でも入学可能となっています。

コース・プログラム解説

長期集中コース

フィルムメイキング Filmmaking

このプログラムでは、多くのハンズ・オン(実地講習)を通して映画作りへの理解を深め、 芸術的に物語を語る力を身につ けることが最終的な目標です。
映画制作1年コースは、10日間の休暇をはさみ1学期と2学期からなる9ヶ月プログラムです。映画作りの総合的な知識と機材の基本的な操作方法から様々な 高度テクニックまで、1000時間以上の実地講習と実際のプロダクションを通して実践的に学んでいきます16mm、35mmの撮影技術に加え、24pデジ タルビデオ、フィルムに迫る高画質を誇るHD(ハイデフィニッション)デジタル撮影技術など、あらゆるフォーマットを学びます。 卒業するまでには、生徒ひとりひとりがオリジナルのショートフィルム(課題作品、シンク・サウンド、デジタル・ドキュメンタリーを含む)を6本制作します。

アクティング Acting for Film

演劇の分野でも映画の権威が絶対的である今日、俳優にとって、映像というメディアを通してパフォーマンスを伝える映画のための演技法を学ぶことは必要不可欠となっています。
ニューヨークフィルムアカデミーでは、伝統的な演技テクニックの基礎をしっかりと学ぶ一方、カメラの前での演技テクニックに重点を置き、ステージ上と映画撮影セットでの演技法の違いを正しく理解し、その技術をしっかりと習得していきます。

プロデューシング Producing

プロデューサーの仕事はプロジェクトの企画、資金調達、制作、予算管理、宣伝広報など、多岐にわたり、その方法もこうだというマニュアルはありません。また、企画が実現するには、タイミングやマーケットなどあらゆる要因が絡み合ってきます。明確なビジョンを持って、様々な人と関わりながらひとつのも のを作り上げていく、創造性(クリエイティビティ)とビジネススキルを実践を通して学んでいきます。クラスでは実際にプロジェクトをプロデュースする一 方、映画、TVのパイロットテープを制作します。

デジタルジャーナリズム Digital Editing

報道をとりまく環境はデジタル化により大きな変革の時代を迎えています。世界中どこで起きた出来事でも、あらゆるメディアを通して即座に伝えられる、発信 地の非限定性と速報性は報道の環境と常識を大きく変えています。この現状に対応できる、これからの報道人、”デジタルジャーナリスト”の育成を目的とする、 NBC News とのタイアップによるプログラムです。
NBCNewsはインターネットと連動した迅速な報道が特徴であり、2007年より報道番組としては全米初のハイビ ジョン製作を開始するなど、デジタル化により大きな変革の時を迎えた放送ジャーナリズムの中で常に最先端を行く報道メディアです。このプログラムでは、 NBC NewsよりプレシデントのSteve Capusを始め、最前線で活躍するデジタルジャーナリストを迎えての講演、NBC Newsの人気番組、The Today Show, NBC Nightly News, Dateline NBCなどの舞台裏を見学、番組がどのように製作されているのかを学ぶ特別クラスを設置しています。

スクリーンライティング(脚本) Screenwriting

映画の歴史において、長い間その存在を意識されなかったスクリーンライターは、今日、映画作りにおいて、映画監督と同様に重要であると認識されるようになりました。
「いい脚本で駄作は作れる。しかし、いい脚本なしに傑作は生まれない。」
脚 本執筆において、最も難しい点は単純に『書き始める』という事です。同じようにスクリーンライターを目指す人たちに囲まれ、集中的に学習する環境に身を置 く事により、脚本を執筆するということが、独立した第二の自分となっているのに気づくはずです。当プログラムでは、アメリカの名高い映画学校にて修士号を 取得したアワード受賞脚本家による実作指導により、映画脚本、TVスクリプト、台本を書き上げます。

3Dアニメーション 3D Animation

日々進化を続ける3Dアニメーションは、今や映画の世界でも大きな興行収益を上げ、映画制作においてはもちろんのこと、アニメーター、ゲームプログラマー あるいはコマーシャル業界を目指す者にとっても魅力的な分野となっています
ニューヨークフィルムアカデミーでは、業界のスタンダードソフトでありオス カーアカデミー賞を受賞した Alias社の MAYAを使用、3Dアニメの最先端の技術を習得していくと同時に、生徒ひとりひとりのクリエイターとしての芸術性と創造性を高めるべく、少人数制のクラスを開講しています

短期集中コース

映画製作(フィルムメイキング)短期集中コース(4週/8週/12週)

映画制作全般におけるテクニック、ストーリーの組み立て、創造的なチャレンジなど、それぞれの基本を実践的に無駄なく学べるようデザインされています。監督・脚本 ・サウンド・撮影・照明・編集などを含む講義と実地講習、コースの長短にかかわらず、自分で実際に映画を制作しながら映画作りの基礎を学びます。前半は課題作制作、後半は自由課題の修了作品制作に当てられます。

アクティング短期集中コース(1週/4週/8週)

長く舞台演劇が主要であった演劇の分野でも、映画の権威が絶対的である今日、俳優にとって、映像というメディアを通してパフォーマンスを伝える映画やTVのための演技法を学ぶことは必要不可欠となっています。ニューヨークフィルムアカデミーでは、伝統的な演技テクニックの基礎をしっかりと学ぶ一方で、カメラの前での演技テクニックに重点を置き、ステージ上と映画撮影セットでの演技法の違いを正しく理解し、その技術をしっかりと習得していきます。

ブロードキャストジャーナリズムコース(4週/8週/イブニング)

このプログラムでは、研究、レポート、デジタル、編集などを含む多くのスキルを学び練習します。ここでの経験は、実際の仕事に就くために役立つものとなるでしょう。特に、調査報道のジャーナリズムには焦点を当てて教えています。このプログラムは最先端のデジタル技術と現在報道ジャーナリズムの分野で専門的に使用されている技術を両方取り入れ、面白くて他では真似できない実践技術を身につけれるようにカリキュラムを作っております。実際にジャーナリズムの分野に入るための準備としてここで習ったことが実践できるよう習得していきます。

ミュージカルコース(4週)

ニューヨークフィルムアカデミーでは、本場ブロードウェイレベルのインストラクターが、他のどのプログラムも真似できないような高いレベルでミュージカルスキルを磨くことのできる環境を提供しています。4週間のこのプログラムでは、ブロードウェイの専門家によって、ミュージカルの道での成功に必要なスキルを吸収します。このカリキュラムは、歌と動作の能力を持つ、既にミュージカルの舞台経験のある個人のために組まれているミュージカルコースとなります。NYFAのミュージカルコースでは、この分野の成功に必要不可欠なスキルとミュージカルキャリアを築くために必要な最初に大切なステップとなると思います。プログラムの最後はインストラクターやクラスメイトへのプレゼンテーションで幕を閉じます。

学校紹介動画


留学のご相談はこちら

日本オフィス

0120-4192-09

月~金10:00~20:00 土日祝10:00~19:00

NYオフィス

1-646-723-4533

月~金10:00~18:00(NY時間)

Copyright © DEOW Resource Management all rights reserved.

無料お問い合わせ・説明会予約