• 日本オフィス

    0120-4192-09

  • NYオフィス

    1-646-723-4533

日本人なら絶対わかる!留学生あるある~NY生活に慣れた長期編~

ニューヨークの生活

2018.11.28

  • ツイートする
  • LINEで送る

日本人留学生あるある長期編!今回は、NY在住期間が6ヶ月~1年以上で、ニューヨークに慣れてきた!と言える日本人であるからこそ分かち合える体験談をまとめてみました!短期編とはまた一味違うので、これ当てはまる!という方は、すでにNew Yorkerと言ってもおかしくないでしょう!

1. 飲みのシメがピザになる

column_NY_aruaru_long_1

お酒を飲んだ後のシメのラーメンがニューヨークではできなくなり、結局は夜遅くまでやってて割りとどこにでもあるピザ屋に足を運んでしまうんですよね。





2. めったに傘を差さなくなる


傘は消耗品っていうくらいにすぐ壊れるし、人混みで差すのはとても大変だし。「ニューヨーカーは傘を差さない」というのが理解できるようになりますよね。




3. スーパーで食材を買うときは念入りにチェックする

column_NY_aruaru_long_2

特に玉子を買うときは、パッケージを空けて中身を確認するのが常識に!結構な確立で玉子が割れてしまっていることが多いんです。





4. 日本にいたときよりもおしゃれに気を使わなくなる

column_NY_aruaru_long_3

日本にいたときは何もなくても毎日おしゃれをしていたのに、ニューヨークの生活になれると、Tシャツにジーンズというシンプルなスタイルに!





5. 日本語で話しかけられても驚かない

アメリカ人に「コンニチハ!」って話しかけられても、「すごーい!日本語上手―!」なんて、正直驚かなくなってしまいます。


6. 人が少ない車両にキケンを感じる

column_NY_aruaru_long_4

混む時間帯なのに、やたらと空いている車両があれば、ホームレスがいる車両だと予測できるようになります。





7. 信号無視は当たり前

column_NY_aruaru_long_5



赤信号だとしても、車が通ってなければ渡るのが普通。信号よりも車を見ることによって事故防止にもなる。というのは、昔語学学校の先生から教わったことです。






8. 観光地に近づかなくなる

観光客の多いタイムズスクエアや5番街などには、用事が無い限り近づかなくなりますよね。でも、そういう観光地から外れることで、新しい発見があったりするんです。


9. 電車の中のパフォーマンスを迷惑に感じる

column_NY_aruaru_long_7

よく電車の中で、少年達が大音量の音楽を流しながら、ダンスパフォーマンスをしたりしますが、だんだん迷惑に感じるように…。





10. 何事も最後は自分の目で見て確かめる

探し物をしていて、店員さんに聞いても「ない」という。でも自分で探してみたらあった。なんてことがよくあります。結局、何事も最後は自分の目で確かめるということを、長期留学の人は学ぶはずです。


まとめ
いくつ当てはまりましたか? やはりニューヨークでの滞在が長くなればなるほど、ニューヨーカーとして適合するようになりので、あるあると強く感じたと思います。ただ、あるあると強く思えば思うほど価値観や自分の中での常識が変わりつつあるので、日本帰国の際は気を付けた方がいいですね。日本で傘をささずに歩いていると周囲の人から入りませんか?と何回も聞かれたり、日本でデパートに行くのにビーチサンダルを履いて行こうとして家族からの冷たい視線を浴びたり…。ちょっと注意が必要ですね。笑

留学のご相談はこちら

日本オフィス

0120-4192-09

月~金10:00~20:00 土日祝10:00~19:00

NYオフィス

1-646-723-4533

月~金10:00~18:00(NY時間)

Copyright © DEOW Resource Management all rights reserved.

無料お問い合わせ・説明会予約